防水工事をするには業者選びも大切~誤った選択を避ける~

防水から我が家を守るために最適な施工法を選択しよう 防水から我が家を守るために最適な施工法を選択しよう

工事業者もきちんと見極めること

作業員

防水工事をするには、知識と経験が豊富な職人さんに施工をしてもらうのが良いでしょう。また業者選びも重要になります。最も良い業者を見極めるために、ポイントをいくつかご紹介します。

屋上防水に失敗しないためには業者選びが大切

防水業者の中には費用を高く見積もるなどの悪徳業者も存在するので、見極める力が必要になります。きちんと屋上防水ができるかどうかは業者選びにかかっています。

信頼できる業者の選び方とは

防水工事の専門業者かどうか
屋上防水ができるのは、防水業者だけということをきちんと理解しましょう。どういう事かと言うと、少し似たような職種の人でもできそうなイメージがあるからです。塗装系や工務店、リフォーム業者はあたかも防水工事ができると謳っている業者があるので、基本的には防水工事はできないものと思ってもよいでしょう。
十分な施工実績を持っているか
担当者に防水工事歴が何年なのかを聞いてみるのも1つの手段でしょう。どの業界でも長年仕事に関わっていると、知識や技術、対応などのスキルが備わってきます。防水工事でも同じで現場の経験が豊富で、技術はもちろん、お客様に対する提案力もかなり優れたものになります。
保証制度があるか
後からトラブルにならないようによく確認・交渉をし、保証書を作成してもらいましょう。その理由は後になって、保証をしない業者があり、工法によっても保証期間が異なるからです。そのため防水の保証があるかどうかをきちんと確認しましょう。
資格を持っているか
屋上防水をする職人さんが資格を持っているとスキルがある証明になり安心できます。この資格を取得するには、屋根・屋内・地下・水槽等の防水工事における施工管理の実績7年以上が必要と言う厳しいルールと、難しい技能試験があります。屋上防水の資格には、国家資格の防水施工技能士などがあります。
TOPボタン